濱ショー

記事一覧(6)

第6回「ストップ!!当たり前化」2015/3/18掲載

 買い物時のスーパー、無邪気な幼子がお菓子を開け散らかし焦り拾う家族の姿、時折遭遇する風景もその日はどこか違っていた。「気にしないでいいよ、お金払えばいいんだから」放れた矢は私の心を突き抜ける。上の空の帰り道、突然鳴り響いた“昨日落としたアップリグワー今日は拾って食べました。何とも言えないヌーディガサガサ(口中がザラつくよ)喉にかかってカキクケコ”母方の亡き祖母の十八番はいつ誰からかも知らない名もなき歌、あの日の温かな声は物語へと誘う。 たった一個のアメ玉握りしめ、家路を急げばイタズラにも掌をすり抜ける。夜明け、夢中に見つけた朝日に輝く宝玉ひとつ、慌てて頬張れば砂利と甘いトキメキが少女を包み込む…こんなにも食べ物を尊く愛しく思う事はあっただろうか、自問自答は残念ながらNOだ。戦後70年の歳月は考え方暮らし方生き方、みるみると便利に都合良く変化を重ねてきた。激動の世をくぐり抜け遥かに幸せと呼べる近年だが、その反面人々の心に翳りを感じている。好きに飲み食べし、お金で自由を買い、そんな当たり前は豊かさをはき違えた。  おじいおばあがよく口にした「食べ物に捨てるところはないよ、大事にカミよー(食べなさい)」。食べ物が無く、ヤーサクリサ(お腹を空かせた苦しさ)の中、必死に生き抜いてきたからこその力強い言葉。亡き祖母のアップリグワの歌もそんな時代に生まれた心情歌なのかもしれない。 私も子を持つ親、好き嫌いや偏食に悩まされる日々だが、その以前になぜ食べる事が大切で食べられる事が幸せなのかを教えてあげられるような人で在りたいと思う。当たり前の「前」には目には見えない時間や苦労努力があった。その延長線を歩く私たちは感謝を忘れてはならない。 最近では学校給食に「お金を払っているから我が子に“いただきます”はいらない」と驚きの姿勢をとる者も居る模様、それは純粋な子どもへ発す危険信号だ。頂ける尊さ生きる喜びを味わい噛みしめありがとうで心もお腹もいっぱいにする事こそ食への恩返しであろう。神谷千尋(唄者)

第5回「飾りじゃないのよウチナームン」2015/3/5掲載

 右も左も妖怪ブーム。例えカジマヤーのおじいによる「妖怪うぉっちんでぃぬーやが?」も「あり‼︎座敷わらしとかキジムナーが出てくる漫画よ」老若男女会話成立。私世代は水木しげる氏の“ゲゲゲの鬼太郎”、時代の背景に姿形は七変化しながらも古典人気は根強い。流行なのか通る道なのかは知らないが子どもの影響力は無限大、それを一役買いたいのが沖縄文化継承だ。唯一無二、ここにしかない言葉・伝統芸能・歴史は果たして何百年先にどう映るのか、ガラスケースに飾られた記憶のみにはなってほしくない。興味ある者だけが学ぶのではなく身近な物にしていく事が肝心だ。英語授業が確立されたように週一度ウチナー口講座、宿題の一部に“方言を訳せよ”があるとなお良い。 聞けない話せない世代も家族で解き習したり大先輩の知恵を借りる事で触れ合うキッカケともなる。沖縄のことわざに“生まり島ぬ言葉忘れー国ん忘しゆん”とあるが心得たいところ。また年3回程、音楽朝会に沖縄民謡をテーマにてぃんさぐぬ花から物知り節まで歌からの教訓を身に染みこませ、卒業式には「だんじゅかりゆし」で新たな船出を祝えたなら素晴らしい。  旧暦行事を意欲的に取り組むのもグンと近づく機会だ。今じゃ県外、外国人の方々の方が熱心で沖縄人より沖縄を知るご時世、私も民謡唄者ながら浅はかさを痛感する。子のうちから根を掘り出し、向き合い経験を増やす事で風化を防ぎたいと切に願う。スタンダードが難しいようなら例の妖怪アニメのように新鮮かつ斬新なアイディアで心を掴むのも良いであろう。私の夢はいつかマッシュルームカットでミンサーオシャレスーツをビートルズ並に着こなし、三線島太鼓マンドリンの王道民謡バンドを組んでみたい。 それには古きを知る努力と新しき開拓の底力まで必要だが「面白い広がり」を見せれば古典バトンは続いていく。語り手や繋ぎ手を減らすのではなく溢れさせるのが大切なのだ。今やブランド化されたこの島だが流行り廃りではなく先人たちの残した誇れる沖縄を伝承するのが今の私たちの課題だ。 神谷千尋(唄者)

第4回「学びに羽根を」2015/2/18掲載

日本の絶景、津堅島のトゥマイ浜を一望出来る穴場スポット“民宿神谷荘”では叔父で偉大なる師匠神谷幸一を筆頭に両親、その兄妹で結成された神谷ファミリーズによる民謡ショーが名物である。そんな舞台袖、祖母の子守をすり抜けて見聴きする幼子は家族に見込まれ見事グループの看板娘に抜擢、3歳の私である。 好きこそものの上手なれ通り父の膝上でハネーチャー小(賑やかし曲)、母の腕中で童歌を、近所のオバアから手遊び昔歌を夏夜には涼風と寝転び満天の空へ歌った。思春期には沖縄民謡を好む同世代が一部の理由で恥らいはあったが一節口ずさめばその度笑顔や安らぎを運ぶかけがえのないものへ。スパルタフリーや多趣味への賛同もありつつ初舞台から早30年、羽ばたき続けられる今がある。人々の備わった分能に気付きと活かす手助けをしてくれる一つが“環境”ではないであろうか。 家族友人地域の方々、自然さえも先生となりグングン学びに羽根が生えてゆく。環境作りは周りと生すまさにユイマール(助け合い)だ。人との関わりを止め、一人走ーえーゴンゴン孤立化も増える現代だからこそ頑張りすぎず手を取り合って行きたい。時に無理強いとなる誰かとの背比べや便利品への依存も実は、何気ない長所を見逃すきっかけであったりする。育児仕事、生活に寄り添いトコロを見つけ平凡平穏の環境から“生きる術の大発見その一”となればラッキーだ。才能がないと寂しい解釈をせず各々に出来る何かは必ず身近にあるはずだ。母譲りのお味噌汁が五つ星食堂に、父との日用大工から世界的美術館を…なんて事も。大物と言わずとも普通の上等が一番、私は両親や周りが与えてくれた環境に感謝と同時に子供たちに心の目を向け得意発見探知機を作動中。登下校の車内で流し歌っていた名曲を興味があるのかないのか黙って聴いていた息子がある日全編歌った事に驚いた。未知なる能力は転がり続ける、ストレート・カーブ・スライダーどんな送球もキャッチしよう。明日は旧正月、古き良き時代の先輩談を聞き明るい環境作りのヒントを学ばせていただこう。神谷千尋(唄者)

第3回「雨のち晴天あり」2015/2/4掲載

うりずんの雨、昨年の我が家には彩るてるてる坊主が空を見上げていた。熱狂した雷様のロックンロールショーにより突然の落雷。息子は恐怖 でトラウマ化し「何で雨はふるの、雷はなるの?」毎朝泣きの登園拒否を始める。励ましなだめ、時に突き放し私なりの方法を尽くすも、小さな 心に張り巡る雨雲を追いやれないまま立ち止まっていた。そんな時、尊敬なる詩人谷川俊太郎氏が人々の質問に答えるお気に入り本の一ページ “不安を抱えた幼子を持つ母への言葉”を思い返す。「僕が○○ちゃんのお母さんだったらぎゅーっと抱きしめて一緒に泣きます。そのあとで 一緒にお茶します。言葉で問われた質問にいつも言葉で答える必要はないの。こういう深い問いかけにはアタマだけじゃなくココロもカラダも 使って答えなくちゃね(省略あり)」谷川さんに励まされ、それからは忙しい朝も少し早起きし息子とただ外を眺めてみたり母も雷が苦手な事、誰にだって雨に泣きたくなる日もあると腕の中語り合った。子供大人に限らず不安からの脱出には力と時間が要る。改めて気付かされた時、歌が生まれた。“ヒューマ ンソング山ほどの谷ほどの日々を臆病に生きたっていい。必要なそれが弱さならヒューマンいつか誰かを守れるのだから。山ほどの谷ほどの日々は 似たようなアナタの為に。必要な強さとなるならヒューマンそんな私も悪くはないな”恐れを知り雨宿りしながら踏み出す一歩は力強い。歩む道すがら多様な課題は降り注ぐ。自問自答、どんなテーマも芽が出て花が咲く頃には誰かのお役に立てるかもしれない。 臆病なヒーローは雨にも負けず雷にも負けず日々登園中。自信に満ちた4歳児にあっぱれ‼︎長かった心の雨模様も梅雨明け宣言と共に陽が差し込む。アナタの空も見渡せば、雨上がり。 神谷千尋(唄者)

第2回「名言実行」2015/1/22掲載

2015年1月22日 琉球新報 落ち穂 掲載「身なり彩る着飾る」オシャレは私の不可欠原動力だ。服飾への興味は今は亡き神谷のオバアから譲り受けた。津堅島の神谷商店は今で言う「アンマーたちの109(東京のファッションビル)」だった。四角いチリ紙やトゥーナー缶と肩を並べ店内には個性に富んだ服の列。島のカリスマスタイリストオバア&弟子の私は時々、都会の公設市場まで仕入れに出掛けた。「○○姉ーさんにはこの柄が似合うさ~○○のおっとーはこれ着たらアカ抜けるよ」活き活きと服を選ぶ姿は未だ色褪せない。激動の時代大家族のため一人何役と365日労働し、当時は海から採った売り物の貝を背負い歩くと、異臭がすると後ろ指さされた事もあった。そんなオバアはよく「周りに流されず真っ直ぐ歩きなさい。必ず良い事は起こるよ」と話した。元々コンプレックスだらけの私は人目を気にし誰かと歩幅が合えば安心していたが人間、個性の塊。いつしか少しずつ好きな事、やりたい事を解放し始める。民謡歌手であれ水玉のドレスで唄い民謡に限らず音楽の幅を広げた。勿論、賛否あるがそれは意見とし受け入れるものの見た目や評価で根付く物は変わらず、自分のカラーを守っている。琉歌の一節に「誠する人や後や何時迄ぃんよ思事ん叶てぃ千代ぬ栄(正直な人はいつまでも望みは叶い末長く栄えるであろう)」とある。世を渡るには思いもしない試練やどうしようもなく明け暮れる日々だって多々。ただ、思い通りといかぬ日々は決して不幸せな事じゃない、千里万里の旅の上いつか未来は笑うと信じている。オバアや琉歌を詠んだ先人の教え“人はこうして時を生きていく者”なのであろう。今はみんな違ってみんないいの時代に恵まれた。そんな世間の片隅でも自分自身に悩む人は多い。さぁ、少しずつ心を立て直してみよう。自ら人生のスタイリストとなり自分プロデュースしてみるのも良い。誰の中にも持つ宝磨きを続ければ必ず道は光放つ。私は今日も那覇の市場で培ったオシャレ魂に火を灯し、好きな歌をうたう。オバアの黄金言葉に背中を押されながら。神谷千尋(唄者)

第1回「心に3センチの余裕を」2015/1/9掲載

2015年1月9日 琉球新報 落ち穂 掲載真夜中ゴングがなる。夜泣きスペシャリストによる泣き声コンサート開幕。近隣への迷惑、睡魔からのイライラ。10分20分の静寂が時間を長く感じさせる。人間版ユリカゴのように揺れ、小さな体をさすり泣きやませるのに必死な風景は“子育てあるある”であろう。でも子どもは子ども。暗がりは不安、怖い夢に怯え、体調不良に辛さを叫ぶ。夜泣きの理由はエトセトラであれど子供が求めるのはただ一つ「温もり」だ。母親4年目、考えのシフトチェンジを試みる。まずは大人の都合をやめてしまおう。疲れようが眠かろうが周りへの気遣いさえも。夜泣きなんて子どもの素直な自然現象。それを和らげ安心で包みこめるのは家族に与えられた役目で優しさの力。私は何せこの子の母親、夜泣きのパートナー。自分に余裕のない日には心に3センチの余裕スペースを設ける。少しの心持ちは思いやりを生み、人も心も穏やかにする。沖縄の数々のわらべ歌も溢れんばかりの愛情ソングではないであろうか。どんな夜泣きも母の子守唄にはかなわなかった事であろう。今のご時世に飛び込んでくる目や耳を塞ぎたくなるニュース。いつの時代も日常の中、築きあげられたはずの大切な物事の欠け、薄れに胸を痛めてしまう。深夜の小さな心配りは誰も知らない。寝相を直し、布団を掛け、繰り返すうち朝日は昇る。それは誰もが子供だった頃、家族からもらった温もりだった事を今こそ知る。私達一人一人は愛情伝達人だ。コツコツとたまった思いやりは湧き出る自然の泉となる。一人一人の愛情が子ども達の道標となり、温かい世界へと繋がっていく。3センチの余裕ができた日々は穏やかに物事と向き合える。夜泣きさえすんなり治まった。子どもは大人の心をも見透かすスペシャリストであった。ごあいさつが遅れました。津堅島生まれ、沖縄民謡育ち、現在歌うたい兼2児の母である神谷千尋と申します。「夢は叶う」幼少期の座右の銘を今、思い返してみる。「近い将来、新聞コラムを書く」。夢がまた一つ叶いました。一筆一筆心を込めて皆様に届けていきますね。半年間、宜しくお願い致します。 神谷千尋(唄者)